教育目標

たくましく生き抜く力
心豊かに自分を表現する力
自ら考え問題解決する力

吸収力が著しく、また人格形成の基礎となるこの大切な幼児期に、様々な体験を通して子どもの『生きる力』の基礎を育みます。

一人一人の子どもには、個性や特性がありますが、子どもの内から出る『伸びたい!』という 気持ちは皆同じです。子どもの"なんだろう?" や "やってみたい!"という素直な気持ちや意欲を見逃さず、英語・運動・日本語・知育等、バランス良く組み込まれたカリキュラムを通して、お子さまにたくさんの将来の選択肢を与えることができたらと願っています。

自分が培った多くの選択肢の中から、本当に好きなもの、やりたいことを自己の人生の中で表現豊かに実現し、自ら問題解決しながら、ひとつのことを力いっぱい継続していく力を身につけ、将来、グローバル化社会の中でも活躍できるように子どもの成長を温かく見守っていきます。

『教育は共育』とも言います。子どもたちを中心に保護者様・職員・地域との繋がりを大切にしながら、子どもと共に育ち、一緒に学び合いながら、共に子育てのお手伝いができたらと願っています。

なお、本園は2019年10月から保育料無償化の補助対象となっております。詳細につきましてはメールにてお問い合わせください。

保育方針

道徳教育

道徳教育

価値観の多様化に伴い、現代は道徳に関する意識も多種多様です。 子どもたちが、たくさんの体験を通して仲間や社会と関わりながら、主体的に道徳観を構成し、自己と向き合う『私は私』という気持ちと、集団生活の中で他者との葛藤を通して学んでいく『私と私たち』と いう気持ちの『2 つの心』をバランス良く育むことができるようカリキュラムを構成し、取り組んでおります。
お子さまが、自分の心と他者の心の『2 つの心』を大切にできるよう、道徳教育を行っております。

挑戦意欲を持てる子に育てる

挑戦意欲を持てる子に育てる

仲間との『育ち』を通して、他者との『共生』と同時に『競争』の経験を積み重ねる中で、相反するように見えるこの二つを上手に両立させながら、成功体験は勿論のこと、失敗体験も発育上必要なものと捉えながら、お子さまの諦めずに『やり遂げる力』に向き合います。 また、その経験を通して培った挑戦意欲を基に、子どもたちが将来、グローバル社会の多様化にも適応できるよう『力強い心』を育てます。

主体性を養う

主体性を養う

英語や日本語・運動などのレッスンがバランス良く組み込まれたカリキュラムの中で、 適切なアドバイスを与えながら、子どもたち自身が目標を設定する気持ちを持ち、『Self-Awareness=自己認識』を確立することで、自分が好きなこと、やりたいこと、夢中になれること、また自分にとって何が大切かを知ることで、自信を持って大胆に自己の人生を切り開いていくことができるようサポートしてまいります。 また、幼児期に養った主体性や自信、道徳観・人生観を基準に、失敗を恐れずに自ら行動に移すことができることを目標に指導してまいります。

ライフスキル(基本生活習慣)を大切にします

ライフスキル(基本生活習慣)を大切に

日々の園生活を通して子どもたちの年齢にあった基本的生活習慣を身に付けることができるよう指導しています。衣服の着脱はもとより、自分の服や持ち物を自分で管理する、おやつを自分たちで作って食べるなど、子どもたちが自らの意欲で物事に取り組んでいけるよう配慮し、応援していきます。

褒めて伸ばす保育

褒めて伸ばす保育

結果に拘らず、初めてできたこと、頑張ってできたことは、どんなに小さなことでも見逃さないようにしています。成功した時はその結果を共に喜びながら、子どもたちの自己肯定感にも繋がるよう、たくさん褒めるようにしています。 たとえ失敗しても、チャレンジしたその過程が重要であることを伝え、子どもたちの挑戦した気持ちと意欲を褒めて、引き続き挑戦し続けることができるよう、勇気づけてあげることが大切と考えています。

カリキュラム・ギャラリー

fourhands
みんなの保育園
rompbaby
ラルゴキッズ
LANGUAGE »