「動くことが楽しい子」に育てる

イチローのように、幼児期から英才教育を受けて才能が開花するのはほんの一握り。
むしろ、幼少時から専門化しすぎた運動をしたために選手寿命が極端に短くなってしまったり、
逆に運動嫌いになったりするケースが多いのが現状です。
一方、知能と同じように運動神経も8、9歳までの環境的要素によって育まれる能力であることが明らかになっています。
だからこそ幼少期にはバランスの取れた運動を通じて基礎体力を育成し、
将来の可能性に向けてベースを底上げしておくことが必要なのです。

様々な可能性にトライ

Universal Kidsの運動教育は、何か一つの運動能力を秀でさせるために行うものではありません。自分は何が好きなのかを知ってもらうためにも、いろいろな種目を満遍なく経験させていきます。

いくら勉強ができても、体育が苦手では困りますね。小学校中学校に進むにあたって、運動嫌いにならないだけの基礎体力を育みます。もちろん運動が好きな子にはどんどん上の課題を与えて、その能力を伸ばします。

基礎体力を育成する
積極的な性格を育む

運動能力が高い子は性格も積極的。運動能力の向上をきっかけに、何事にも積極的な性格を育むことが可能です。基礎体力がついていれば、それをベースに将来どんな方面に向かっても伸びていくことができます。また、体が健康でなければ勉強もできません。ベースの体力があってこそ頑張る気力が出てくるのは、大人も子供も同じですよね。

楽しんで運動能力を身につけさせるために

どの時代でもこどもは遊びの中で体の使い方や運動能力を身につけていきます。 楽しい環境設定の中でのびのびと体を動かし、こども達は心身ともに成長していきます。

よりよく生きる力の基礎を育てる

Challenge

自ら「やってみたい」と行動したくなる気持ちを大切にしています。

いきいきと健やかに毎日を過ごす

Communication

お友達との関わりの中で、トライアンドエラーを繰り返しながら達成感を味わっていきます。

自信と意欲をもって未来を活きる子ども

Achievement

バルシューレの中でどうやったらうまくいくか?を考え、見通しを立て、過程を楽しみながら、体の使い方、頭の使い方を考えていきます。

3つの教育方針