Universal Kidsの運動教育について

「動くことが楽しい」子に育てる

イチローのように、幼児期から英才教育を受けて才能が開花するのはほんの一握り。むしろ、幼少時から専門化しすぎた運動をしたために選手寿命が極端に短くなってしまったり、逆に運動嫌いになったりするケースが多いのが現状です。
一方、知能と同じように運動神経も8、9歳までの環境的要素によって育まれる能力であることが明らかになっています。だからこそ幼少期にはバランスの取れた運動を通じて基礎体力を育成し、将来の可能性に向けてベースを底上げしておくことが必要なのです。

様々な可能性にトライ

Universal Kidsの運動教育は、何か一つの運動能力を秀でさせる為に行うものではありません。自分は何が好きなのかを知ってもらう為にも、いろいろな種目を満遍なく経験させていきます。

積極的な性格を育む

いくら勉強が出来ても、体育が苦手では困りますね。小学校中学校に進むにあたって、運動嫌いにならないだけの基礎体力を育みます。もちろん運動が好きな子にはどんどん上の課題を与えて、その能力を伸ばします。

基礎体力を育成する

運動能力が高い子は性格も積極的。運動能力の向上をきっかけに、何事にも積極的な性格を育むことが可能です。基礎体力がついていれば、それをベースに将来どんな方面に向かっても伸びていくことが出来ます。また、体が健康でなければ勉強もできません。ベースの体力があってこそ頑張る気力が出てくるのは、大人も子供も同じですね。

楽しんで運動能力を身につけさせるために

例えば、腰に結んだ紐をお友達と踏みあいをして走っているうちにすごく走れるようになったなど、楽しい遊びを通じて運動能力が自然に養われるよう工夫しています。

外遊び、大好き!

img

Universal Kidsは外遊びの時間を大切にしています。小さなお子さんでも歩いていける範囲にプールや広い公園、公共体育館が沢山。園バスがあるので、思いついたら思い切り外遊びを楽しみにショートトリップも。

厚いコルクの床。100坪のお部屋で思い切り走って、転んで

img

いつも小さな部屋で過ごしていたお子さんが、Universal Kidsで過ごすようになったら、それまでしなかったお昼寝をするように。小さなお子さんにとっては、広い教室内をあちこち移動しているだけで、とてもよい運動になるのです。

充実した環境

img

体操、マット運動、鉄棒、跳び箱など、自由時間にも園内の施設を使い、気軽にトライできる環境を整えています。子供たちが自発的にマットを引っ張りだしてオハイオ州チャンピオンの保育士を相手にレスリングを始めることもよくあります。

幼保園をお探しの方へ>> 学童保育をお探しの方>>

ページのトップへ

交通:横浜市営地下鉄グリーンライン 都筑ふれあいの丘駅 徒歩30秒
住所:神奈川県横浜市都筑区葛が谷10-16 吉野ビル2F
TEL:045-949-0266
営業時間:am7:00〜pm8:00 ピカチュウバスでの送迎あり♪
定休日:日曜・祭日