Universal Kidsの知能教育について

子供のために今、できることを

img_知能の伸び知能の発達には遺伝的要素よりも、幼少期の環境が大きく関係していることが科学的に立証されています。
したがって幼少期にどうしてもやらなくてはならないことは、知能教育で脳の力のベースを作ることです。
知能教育によってお子さんのIQは確実に上昇します。
例えばIQ100の標準的な知能のお子さんが60分で理解することを、IQ140のお子さんは20分ほどで理解してしまいます。IQが全てではありませんが、人生において空いた時間を他の時間に費やせるということは、そのお子さんの人生がより充実したものとなる可能性を確実に高めることでしょう。

挑戦意欲を持てる子に

imgいま、何事にも消極的な子供が増えています。
「やったことがないから」「間違えたら恥ずかしいから」「どうせダメだから」
Universal Kidsの知能教育は、何事にも苦手意識を持たずにやり遂げようとする、挑戦意欲を持てる子に育てることを目的としています。
それで本当にいいかな、もう一度考えてみようか。
考え方が一回路しかない子は、それがダメならお手上げ。
でも、考える力を持っているお子さんは、あれがダメならコレと、いろいろな考え方ができます。
やればできる、楽しいという方向に近づけてあげる。そうして獲得された力は、与えられる知識を覚え理解するだけでなく、自ら創造し、羽ばたく原動力となり、将来のあらゆる場面において人生の選択肢も広がっていくのです。

知能教育って

  知能領域
図形 記号 概念
知能活動 記憶 記銘 1 2 3
保持 4 5 6
再生 7 8 9
思考 受容的思考 10 11 12
集中的思考 13 14 15
拡散的思考 16 17 18
転換的思考 19 20 21
表現的 22 23 24

お子さんが、楽しいと思いながらできる活動であることが大前提。
できるかできないかを問う教育ではありません。
重視するのは、答えに到達するまでに、どういう考え方を何通りしたかということ。シナプスの回路を何個増やしたかが大切なのです。
その過程の中で記憶力や思考力、発想力がアップし、考え方も広がります。いろいろなデータを集めて一つに集約することで答えを導き出す力。様々な頭の操作、それらを満遍なく刺激するという考え方が知能教育です。
Universal Kidsが取り入れている知研プログラムは、知能因子を刺激する教材を子供に与え、考える力をつけて、知能を伸ばすカリキュラムです。

遊びが知能を刺激する

imgUniversal Kidsでは知育玩具を系統的に与えていきます。
特に2歳以上のお子さんには誕生月に知能テストを実施。各自の知能指数に応じて、領域別に相応しいレベルの知育玩具を与え、発達レベルに応じた適切な刺激を経験できるようにしています。
基本はお子さんのちょっと上の課題を与えること。例えば知能テストの結果、IQが図形領域150で概念領域100のお子さんの平均IQは120です。しかし、一律に120の教材を与えたのでは、図形では簡単すぎて興味を失ってしまいますし、概念は難しすぎてやる気を失ってしまいます。
毎日のカリキュラムでは、お友達と夢中でわいわいやっているうちに「なんだかすごく頭を使った、でも楽しかった!」というくらい、集中して遊んでいます。そのような形で身につけたことは一生忘れません。
もっとやりたい!今日は何?そうして子供が自ら学ぶ(遊ぶ)活動、それが知能教育です。

人生の選択肢を増やすこと

imgお子さんが医者になりたいと思っても、能力がなければその人生を諦めなくてはならなりません。しかし、あらかじめ能力のベースを上げておいてあげれば、人生の選択肢はより増えるのではないでしょうか。
どこの大学に入れるのかを問題にするのではなく、自分が何をやりたいのかから進路を選び取ることができる子供、将来の目的を見失うことのない子供を育てたい。
それがUniversal Kidsの夢なのです。

幼保園をお探しの方へ>> 学童保育をお探しの方>>

ページのトップへ

交通:横浜市営地下鉄グリーンライン 都筑ふれあいの丘駅 徒歩30秒
住所:神奈川県横浜市都筑区葛が谷10-16 吉野ビル2F
TEL:045-949-0266
営業時間:am7:00〜pm8:00 ピカチュウバスでの送迎あり♪
定休日:日曜・祭日